· 

大学生における人間関係形成プログラムとしてのフォトロゲイニング®の有効性: 社会人基礎力に着目して

フォトロゲイニング®(PR)体験会に参加した大学生を対象に,質問紙を用いてPRの活動前後における社会人基礎力を調査した.PRの活動後には,状況把握力,規律性,ストレスコントロール力を除く全ての能力要素が高値であり,特に計画力,創造力,発信力,傾聴力,柔軟性が大きく高まったことから,PRの活動が他者と協働するために必要なコミュニケーション能力の獲得に有効であることを指摘した.(日本レクリエーション協会, 自由時間研究, 44(印刷中))